デジモノニュース

気になるデジモノのニュースやTipsなどを配信しています。勝手サイトです、ニュースには少し偏りと自分のコメントが付くことが多いです。気になる製品紹介やTips紹介も合わせてやっています。大人の事情@PRODUCTSのブログ版

パソコンの記事一覧

[link]Intel「Intel SSD 320」シリーズ ~X25-Mの後継モデルとなる第3世代SSD

2011年4月12日10:25

[link]Intel「Intel SSD 320」シリーズ ~X25-Mの後継モデルとなる第3世代SSD

X25-M Mainstream SATA SSDシリーズの後継機のレビュー記事、かなりいい感じ。ただSSDの下げ止まりも止まった感じがしますね。
確かに値段は同一容量で半分以下ですが、容量がなかなか増えない。500GBくらいで手が出る価格帯(3万円位?)になってくれるといいのだが。

IdeaPad U165の写真アップしました

2011年1月23日01:28

ideapad u165

IdeaPad U165が届いたのでまずフォトレビューから、今回はCUVLで4万円台のノートパソコンですが、メモリ増強とSSD化にチャレンジしたいなとおもってます。
なかなかいい筐体ですよ。NEC関連のニュースが世間を賑わしてますが、さすがだなあ、、とは思います。インタフェース回りもきちんと抑えてきてますし。

Lenovo IdeaPad U165を買いました

2011年1月18日11:16

u165
久しぶりにパソコンを購入。自分用ではなくて家族用です。

Lenovoから発売されている、Athlonのモバイル用CPU、Athlon II Neo搭載の11.6型のノートパソコン。
主要なスペックはWindows7搭載で、AMD Athlon™ Ⅱ Neo K325AMD、2GBのメモリ、ATIのグラフィック、LED バックライト付11.6型高解像度16:9ワイド液晶(1366×768)、1000BASE、1.3kg、3.5時間駆動、5in1カードリーダー、e-SATA、HDMI、Bluetooth、30万画素Webカメラといったてんこ盛りスペックとなってます。ハブとしてもいい感じ。例えば1G有線でNASにつなぎHDMIで液晶テレビに接続するなど。

家族用ですが、気に入ったら自分用にも1台買いたいくらいです。SSD化およびメモリ増強は楽そうです。発熱と騒音が購入してみないと分からない点ですのでその辺は追ってレポートしたいと思ってます。性能的には前回投稿した[memo] モバイルPC用のCPU比較
にもあるとおりCULV性能といった感じ、エンコードなどの重い処理をしない限りは実用的かと思われます。

[memo] モバイルPC用のCPU比較

2011年1月11日13:36

5万円前後のCULVノートあたりに使われているCPUの大雑把なスコア。
マルチコアのみで代表的(よく利用されてる周波数)なもののみを抜粋。
周波数やTDP、2次キャッシュなどのデータは割愛。

Atom N5xx
M 956
(S 478)

Athlon II Neo K325
M 1175
(S 588+)

Celeron U3400
M 1182
(S 591+)

Celeron Dual Core SU2300
M 1200+
(S 600+)

Pentium U5400
M 1338
(S 669)

Athlon Neo L335
M 1446
(S 723)

Core 2 Duo T7250
M 1836++
(S 1010++)

Core i3-380UM
M 2024
(S 1012)

Hardware-Navi様のデータを転用させていただいてます。

[news] 新VAIO Pが発表された 2010年5月

2010年5月11日14:10

新型VAIO P
「VAIO New Ultra Mobile」としてティザー告知が展開されていた製品が発表され、新しいVAIO Pだった。一部のメディアさんではVAIO Pの新型という話しがあったがネット上ではTとかUとかが少し期待されていた模様。

ノートパソコンとして斬新な機能が追加され、ハードウェアの刷新など作りを見ても妥協のない製品に仕上がっているように思える。もともとVAIO Pの質感が良かっただけに、今回の新モデルで洗練された感じがします。もう少し金属感を出したモデルでも良かったのかもしれませんが、そちらはVAIO Zに譲るとして、、現物を触っていないので機能と写真より簡単な感想を。

ソフト面およびスペックはWindows 7であり、一部ハードウェアにあわせたアプリケーションがインストールされている。プロセッサはZ530(BTO可能)、全モデルSSD搭載、2GBメモリ。WiMAXやWWAN、無線LANと一般的な機能は変わらない。

ハード面では、個人的にも不満だった持ったままの操作の改善、解像度周りについて改良がされている。

「モバイルグリップ・スタイル」といって両手で持って画面左にクリックボタン、画面右にタッチパッドを配置している。旧VAIO Pでは立ちながら利用するときは私の場合左手の手のひらに本体を乗せて右手で操作という方法を取っていたので、このスタイルは試してみたい。できれば本体サイド部分にホイール機能があったらよかったなと思う。(仮にモバイルグリップ・スタイルがなくてもタッチパッドがないVAIO Pにはホイール機能は欲しい)
またスマートフォンには既に一般的になっている加速度センサーも搭載され、傾けることによって「進む」「戻る」の割り当てがされてるなど本体ジェスチャーによる動作にも対応している。ノートパソコンなのにピポット(縦位置表示)にも対応。

改良点の2点目は、解像度切り替え。8型という小さいディスプレイに1600×768という高解像なディスプレイが故、実際使うと文字がとても小さく使いにくい。ボタン一つで1280×600の解像度に最適化してくれる。縦が減るのが少し勿体無いが。その他、ハード的に細かい改良が結構されていると思う。

丁度iPadの予約開始と発表が重なったVAIO P。値段は10万円くらいとCULVノートパソコンが全盛でモバイルパソコンが5万円台で購入可能な時にどんな評価を受けるのか楽しみです。完全サブという位置付けで従来玄人向けだったVAIO Pが若干一般向けになったようにも思える。あとドッキングステーションが個人的にかなり欲しいです。

CULVノートをまとめてみた [2010/03]

2010年3月8日10:59

CULVとは、Consumer Ultra Low Voltageの訳で要するに超低電圧CPUを搭載したモデル。以前から一部のモバイルノートに超低電圧CPUは搭載されていたがネットブックによって性能割り切りという選択肢が消費者に与えられ、晴れてスタンダードなノートパソコンとネットブックの中間に位置するような性能で比較的安価な製品になっている。

intelが提唱する内容で正確にはどういった制約があるかわからないがAtomシリーズではなく、coreシリーズを利用するとか、モバイルサブノートとしての位置付けにするため画面サイズが10型~13型程度、動画再生支援などの条件がある。個人的にはネットブックブームは寄り道だったとは思ってます。(intelも想定外だった感じがあるし)

Celeron Dual-Coreを搭載したモデルをいくつか紹介。基本的にはOSはWindows 7 Home Premiumを搭載している。

MSI U200
CPU:Celeron Dual-Core SU2300/メモリ:1GB(空き1)/HDD:160GB/液晶:12型光沢1366×768/チップセット:GS45+ICH9M-SFF /グラフィック:GMA4500MHD/無線:IEEE802.11 b/g/n/有線:10/100/1000/サイズ:幅297×奥行き190×高さ24-31/その他:130万画素のWEBカメラ、マルチカードリーダー、HDMI出力などを備える。バッテリー駆動は2.19時間とちょっと短い。

ACER Aspire 1410
CPU:Celeron Dual-Core SU2300/メモリ:2GB(空き1)/HDD:250GB/液晶:11.6型1366×768/チップセット:GS45/グラフィック:GMA 4500MHD/無線:IEEE802.11 b/g/n/有線:10/100/1000/サイズ:285 (W) x 204 (D) x 22.1/30 (H) mm/その他:マルチカードリーダー、HDMI出力などを備える。6cellバッテリーで7時間駆動。1.38kg。

ASUS UL20A
CPU:Celeron Dual-Core SU2300/メモリ:2GB(空き1)/HDD:320GB/液晶:12.1型1366×768(LED)/チップセット:GS45/グラフィック:GMA 4500MHD/無線:IEEE802.11 b/g/n/有線:10/100/サイズ:幅296mm×奥行き210mm×高さ12.1mm~25.9mm/その他:バッテリー駆動7.4時間、 1.56kg

Lenovo IdeaPad U350
CPU:Celeron Dual-Core SU2300/メモリ:4GB(2GBx2)/HDD:250GB/液晶:13.3型1366×768(LED)/チップセット:GS45/グラフィック:GMA 4500MHD/無線:有/有線:10/100/1000/サイズ:328×228x17-24.9mm/その他:バッテリー駆動 4cell 2.4時間、HDMIポートあり。1.6kg。HDDサイズ違い、またCPU違いあり。29633XJ:SU2300 250GB、29633WJ:29633XJ+Office、29633KJ:SU3500 320GB、29633LJ:29633KJ+Office、29633QJ:Core2Duo SU9400 320GB、29633JJ:29633QJ+Office。

SONY VAIO Y (VPCY119FJ/S)
CPU:Core 2 Duo SU9400/メモリ:4GB(2GBx2)/HDD:500GB/液晶:13.3型1366×768(LED)/チップセット:GS45/グラフィック:GMA 4500MHD/無線:IEEE802.11 b/g/n/有線:10/100/1000/サイズ:幅326mm×高さ23.7mm(最厚部32mm)×奥行226.5mm/その他:HDMI、9時間、1.78kg。CPUのBTO可能。